英語でのemailのさまざまな表記

emailで住所や日付などを記入する場合、英語の表記は
日本のそれとは異なりますので注意が必要です。

まず最低限の知識として、特に記入する機会が多い住所・電話番号・
日付の表記について知っておきましょう。


まずは住所から。日本の表記では郵便番号の後に住所を書くのが
普通ですが、英語では順序が逆になります。
また、住所を書く際には、番地や部屋の番号をまず先に書きます。
このあたりも日本とは違いますね。

次に電話番号です。電話番号をemailで記入する場合、
先頭に国番号を書かなければなりません。また、日本の電話番号は
先頭の数字に0がきますが、英語ではこの0を省略します。

最後に日付です。日付を全て数字で記入してしまうと、
間違った解釈をされてしまう可能性が高くなります。
emailの場合には、月を表す部分だけはApril、Marchなどの
単語表記にしておくのが最も安全です。

emailやビジネスにも役立つ、超速英語脳育成プログラム

偏差値40、登校拒否、そして無職の落ちこぼれ
人間が、たった1ヶ月で英検1級を取得する
英語力を手に入れた、ネイティブも驚きの
英語学習法とは?



7日間”超速英語脳育成”プログラム


あなたがこの英語学習法を知ることによって・・・

・英語学習の効率が一気に上がります。 
・外国人の友達が出来るようになります。
・もう英会話学校に行く必要はありません。
・英語でスムーズにemailのやり取りが出来るようになります。
・世界やビジネスで通用する英語が身につきます。
・海外での生活が送れるようになります。
・英検、TOEIC、学校等の成績が”短期間”で上がります。



また、このemailやビジネスにも役立つ超速英語脳育成法を
習得するにあたり、特別な条件は必要ありません。

英語のド素人でも全く問題ありません。年齢も関係ありません。
しかも、1日たった30分で自然と英語が身についてしまいます。



この驚きの英語学習法の詳細が気になる方は、続きをお読み下さい。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。