英語でemailを交換

外国人とemailを交換し合う英語学習法をご存知でしょうか?
ペンパルと呼ばれる学習法です。

ビジネスで外国人とemailを交換する機会のある方は、
まずはペンパルで英語を上達させるとよいでしょう。

海外の多くの方が、ペンパルサイトや個人のHPで
emailを交換する相手を募集しています。

ちなみに、ペンパルで学べるのは英語だけではありません。
どこの国の人とコミュニケーションを取ってもよいのですから、
中国語だろうとドイツ語だろうと何でもOKです。

英語でのemailの書き方

英語でemailを書く時の文章の構成は、
日本語で書く時とさほど変わりません。

それよりも書く上でまず重要なのは、
最低限の英語の知識を身につけた上で、さらに
emailにおける定型文・常套句を数多く覚える事だと思います。

例えば、英語のemailの冒頭は、必ずといっていいほど
Dear+人名 から始まります。

まずはこういった定型文を出来るだけ多く覚えましょう。

英語のemailとビジネス

emailはビジネスにおいても必要となる場合があります。

もし他の企業の外国人とemailのやり取りを
しなければならなくなった時、何もわからないのでは困ります。

そういう事態に備えて、通常の英語だけでなく、
ビジネス英語に関する知識も蓄えておくべきでしょう。


そもそも、ビジネス英語とは一体何なのか?

一般には、他企業また海外企業の外国人との
やり取りに用いる英語の事を指します。

文法的に通常の物と違いはほとんどありませんが、
ビジネス英語で使用される英単語は、当然ながら
ビジネスに関するものが非常に多いです。

英語のemailとe-mail、正しい表記はどっち?

emailにはEメールやe-mailなど複数の表記があり、
どれを用いたらよいのか悩んでしまう方も多いと思います。

英語ならばemailかe-mailの2つの表記に絞られますが、
それでもまだ迷います。
果たして、どちらで表記すべきなのか?


今回のように、どちらの表記が正しいのかを問われた場合、
検索エンジンを用いての比較が参考になります。

試しにGoogle・Yahoo!の両方で、これら2つのワードで
それぞれ検索してみたところ、e-mailのヒット数が
圧倒的に勝っていました。

もちろん、検索結果だけでどちらが正しい表記なのかを
判断する事はできませんが、emailよりもe-mailの方が
より多く使われているのは間違いなさそうです。

英語でのemailのさまざまな表記

emailで住所や日付などを記入する場合、英語の表記は
日本のそれとは異なりますので注意が必要です。

まず最低限の知識として、特に記入する機会が多い住所・電話番号・
日付の表記について知っておきましょう。


まずは住所から。日本の表記では郵便番号の後に住所を書くのが
普通ですが、英語では順序が逆になります。
また、住所を書く際には、番地や部屋の番号をまず先に書きます。
このあたりも日本とは違いますね。

次に電話番号です。電話番号をemailで記入する場合、
先頭に国番号を書かなければなりません。また、日本の電話番号は
先頭の数字に0がきますが、英語ではこの0を省略します。

最後に日付です。日付を全て数字で記入してしまうと、
間違った解釈をされてしまう可能性が高くなります。
emailの場合には、月を表す部分だけはApril、Marchなどの
単語表記にしておくのが最も安全です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。