英語でのemailのさまざまな表記

emailで住所や日付などを記入する場合、英語の表記は
日本のそれとは異なりますので注意が必要です。

まず最低限の知識として、特に記入する機会が多い住所・電話番号・
日付の表記について知っておきましょう。


まずは住所から。日本の表記では郵便番号の後に住所を書くのが
普通ですが、英語では順序が逆になります。
また、住所を書く際には、番地や部屋の番号をまず先に書きます。
このあたりも日本とは違いますね。

次に電話番号です。電話番号をemailで記入する場合、
先頭に国番号を書かなければなりません。また、日本の電話番号は
先頭の数字に0がきますが、英語ではこの0を省略します。

最後に日付です。日付を全て数字で記入してしまうと、
間違った解釈をされてしまう可能性が高くなります。
emailの場合には、月を表す部分だけはApril、Marchなどの
単語表記にしておくのが最も安全です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。