PC・ネットの時代には英語の勉強も外せない

PCが学習に用いられる事は昔からありましたが、今はもはやそれが当たり前
という状態です。PCデビューも低年齢化が進んでいます。

そもそもPCで何が出来るのか?使い方を知っているからといって、何かの役に立つのか?
PCを使った事が無い方向けに基本的な例を挙げますと、まず文字を入力する事ができます。
画面上で文書を作成して印刷したり、インターネットで他者と意見のやり取りをする事が
できます。

続きを読む

emailやビジネスにも対応した驚異の英語学習法

emailやビジネスにも対応できる語学力を
短期間で習得できる、驚異の英語学習法を
今からお伝えしたいと思います。



emailやビジネスにも対応した驚異の英語学習法


今からお伝えする英語学習法は、ある語学の天才学者の
学習法に基づいた、驚異の学習法です。

この学習法では、短期間で読み書きと会話を同時にマスターできます。
さらに、この学習法は英語だけでなく、他の様々な国の言語に対応しています。


ですが、どんなに優れていても学習法はあくまで学習法であり、
決して魔法のようなものではありません。
語学力を身につけるには、最低限の努力が必要です。


その代わり、少しだけ頑張ってこの学習法を実践すると、
このようなメリットがあります。

・短期間で英語力が身につく
・いちいち丸暗記せずに学習ができる
・今までの自分の勉強法の問題点がわかる
・英語以外のさまざまな言語の習得も容易になる
・語学の勉強を途中で投げ出さずに継続できるようになる
・ネイティブの学習指導が無くても上達できる
・日常の英会話にとどまらず、ビジネス的な会話も可能となる
・emailやビジネス文書のやり取りができる



では、この学習法の中身を少しだけ覗いてみましょう。


続きを読む

英語でemailを交換

外国人とemailを交換し合う英語学習法をご存知でしょうか?
ペンパルと呼ばれる学習法です。

ビジネスで外国人とemailを交換する機会のある方は、
まずはペンパルで英語を上達させるとよいでしょう。

海外の多くの方が、ペンパルサイトや個人のHPで
emailを交換する相手を募集しています。

ちなみに、ペンパルで学べるのは英語だけではありません。
どこの国の人とコミュニケーションを取ってもよいのですから、
中国語だろうとドイツ語だろうと何でもOKです。

英語でのemailの書き方

英語でemailを書く時の文章の構成は、
日本語で書く時とさほど変わりません。

それよりも書く上でまず重要なのは、
最低限の英語の知識を身につけた上で、さらに
emailにおける定型文・常套句を数多く覚える事だと思います。

例えば、英語のemailの冒頭は、必ずといっていいほど
Dear+人名 から始まります。

まずはこういった定型文を出来るだけ多く覚えましょう。

英語のemailとビジネス

emailはビジネスにおいても必要となる場合があります。

もし他の企業の外国人とemailのやり取りを
しなければならなくなった時、何もわからないのでは困ります。

そういう事態に備えて、通常の英語だけでなく、
ビジネス英語に関する知識も蓄えておくべきでしょう。


そもそも、ビジネス英語とは一体何なのか?

一般には、他企業また海外企業の外国人との
やり取りに用いる英語の事を指します。

文法的に通常の物と違いはほとんどありませんが、
ビジネス英語で使用される英単語は、当然ながら
ビジネスに関するものが非常に多いです。

英語のemailとe-mail、正しい表記はどっち?

emailにはEメールやe-mailなど複数の表記があり、
どれを用いたらよいのか悩んでしまう方も多いと思います。

英語ならばemailかe-mailの2つの表記に絞られますが、
それでもまだ迷います。
果たして、どちらで表記すべきなのか?


今回のように、どちらの表記が正しいのかを問われた場合、
検索エンジンを用いての比較が参考になります。

試しにGoogle・Yahoo!の両方で、これら2つのワードで
それぞれ検索してみたところ、e-mailのヒット数が
圧倒的に勝っていました。

もちろん、検索結果だけでどちらが正しい表記なのかを
判断する事はできませんが、emailよりもe-mailの方が
より多く使われているのは間違いなさそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。